Reuters logo
東京マーケット・サマリー・最終(19日)
2007年7月19日 / 07:33 / 10年前

東京マーケット・サマリー・最終(19日)

レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<外為市場> 17時現在

 ドル/円   121.85/90円    ユーロ/円 168.08/16円

 ユーロ/ドル 1.3792/97ドル

 午後5時過ぎのドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点の水準からほぼ変わ

らず、121円後半での推移。東京市場の取引は盛り上がりに欠け、ドル/円、ユーロ/

ドルのほか、クロス円などももみあいとなった。

 市場では、米国のサブプライムモーゲージ(信用度の低い借り手向け住宅融資)問題を

背景としたドルの軟調地合いが続いているとの見方が多い。米連邦準備理事会のバーナン

キ議長は前日の米下院での証言に続き、きょうは上院で証言を行う予定で、一段のドル売

りの手掛かりになるのか注目されている。

 

レポート全文: [JPY/J]

--------------------------------------------------------------------------------

<株式市場>

 日経平均 18116.57円(100.99円高)

      18037.33円─18131.12円 出来高 21億1290万株

 東京株式市場で日経平均は3日ぶりに反発し、1万8100円台で大引けとなった。米

国株式市場が不安定との見方があるほか参議院選挙を前に積極的に上値を買う展開ではな

かったが、個別株には物色が集まったほか、鉄鋼株は活況となった。

 東証1部の騰落数は、値上がり1092銘柄に対し、値下がり517銘柄、変わらずが

120銘柄。

レポート全文: [.TJ]

--------------------------------------------------------------------------------

<短期金融市場>  17時13分現在

 無担保コール翌日物金利    0.500%(加重平均レート)

 3カ月物FB流通利回り    0.680%(─0.010)

 ユーロ円3カ月金先(08年3月限) 98.870(変わらず)  

           安値/高値 98.860─98.875

 19日の短期金融市場で、無担保コール翌日物の加重平均金利は0.500%と前日

(0.506%)から小幅低下した。足元の資金は余剰気味で、午前から0.50%付近

での出合いが多く、午後も取引レートは低位で推移。一方、準備預金の新しい積み期の開

始直後であり、0.4%後半でのビッドは根強く残り、日銀が午前、午後とも資金吸収オ

ペを見送ってもレートが急低下することはなかった。ユーロ円3カ月金利先物はもみあい。

取引の手掛かりに乏しく、積極的にポジションを傾けるような動きにはならなかった。

 

 レポート全文: [JP/MJ]

--------------------------------------------------------------------------------

<円債市場>

 10年国債先物中心限月・9月限(東証)131.84(─0.04)

                    131.75─131.98

 10年最長期国債利回り(日本相互証券引け値) 1.900%(変わらず)

                     1.910%─1.895%

 10年国債先物中心限月9月限は前日終値に比べて小幅反落して取引を終えた。手がか

り材料に乏しい中、先物は前日引け値を挟んだもみあいとなった。事業債の起債に絡んだ

ヘッジ(損失回避)需要などから売りが優勢となる場面もあったが、日経平均株価が伸び

悩むと、下値で買い戻しが入った。現物市場は、8月利上げに対する警戒感などから中短

期ゾーンの上値が重い一方、長期・超長期ゾーンが底堅く推移し、イールドカーブはフラ

ットニングした。

 

 レポート全文: [JP/BJ]

--------------------------------------------------------------------------------

<クレジット市場>

政保債(公営)10年 4.5─5.5bp 銀行債(みずほ)5年  9─10bp

地方債(都債)10年 6.0─6.5bp 電力債(東電)10年 10─11bp

 一般債市場では、プロミス8574.T<0#8574=JFI>の国内普通社債(SB)が横ばい圏で

推移した。スプレッドの気配(仲値)は、残存期間5年で50ベーシスポイント(bp)

程度。プロミスが三洋信販8573.T<0#8573=JFI>を買収し、合併の検討に入ったことが関

係筋により19日明らかになったが、動意薄。三洋信販も4年で100bp程度と横ばい。

クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)市場では、プロミスが小幅上昇。5年のプ

レミアムは44bpで取引された。

 レポート全文: [.JPCR]

--------------------------------------------------------------------------------

<スワップ市場>

 スワップ金利(15時30分現在の気配)

   2年物 1.24%─1.20%

   3年物 1.41%─1.37%

   4年物 1.56%─1.52%

   5年物 1.69%─1.65%

   7年物 1.91%─1.87%

  10年物 2.14%─2.10%

 スワップ金利は中短期ゾーンを中心に上昇。フラットニングポジションを構築する動き

から長期/超長期ゾーンにかけては受けが強まり、イールドカーブは超長期ゾーンにかけ

て平たん化する形状となった。

 

 レポート全文: [JPY/YYS]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                          [東京 19日 ロイター]

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below