Reuters logo
東京マーケット・サマリー・最終(23日)
2007年7月23日 / 08:07 / 10年後

東京マーケット・サマリー・最終(23日)

レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<外為市場> 17時現在

 ドル/円   120.88/93円    ユーロ/円 167.66/75円

 ユーロ/ドル 1.3825/30ドル

    

 午後5時過ぎのドル/円は、前週末ニューヨーク市場の午後5時時点に比べてドル安/

円高が進み、120円後半での取引。米サブプライムモーゲージ(信用度の低い借り手向

け住宅融資)問題の米国景気への波及を懸念しドルの上値が重いなか、株安を見て円キャ

リー取引の縮小の思惑などが加わり、ドル/円は急落。週末海外市場の終盤から週明け午

前の東京市場にかけて、122円前半から約2カ月ぶりのドル安/円高水準となる120

円後半までの上下1円以上、下落した。夕方にかけても戻りは鈍く、安値圏でのもみあい

となっている。

レポート全文: [JPY/J]

--------------------------------------------------------------------------------

<株式市場>

 日経平均 17963.64円(194.29円安)

      17892.75円─18009.47円 出来高 21億8955万株

 東京株式市場で日経平均は、大幅反落。米国株安と円高を受けて幅広い銘柄に売りが先

行し、先物安もあって日経平均は1万8000円を割り込んだ。ただ、三菱重工業

(7011.T)や東芝(6502.T)などの大型株が堅調だったほか、鉄鋼株もしっかりとなり、日経

平均の下値を支えた。

 東証1部の騰落数は、値上がり233銘柄に対し、値下がり1430銘柄、変わらずが

64銘柄。

レポート全文: [.TJ]

--------------------------------------------------------------------------------

<短期金融市場>  

 無担保コール翌日物金利    0.500%(加重平均レート)

 3カ月物FB流通利回り    0.665%(─0.015)

 ユーロ円3カ月金先(08年3月限) 98.895(+0.025)

           安値/高値 98.880─98.895

 23日の短期金融市場で、日銀が実施した資金供給オペの落札金利が軒並み小幅低下し

た。米サブプライム・ローン(信用度の低い借り手への住宅融資)問題の影響拡大や参院

選での与党大敗予想などで、8月との見方が多かった日銀利上げ時期が後ズレするのでは

ないかとの思惑がくすぶっていることが影響した。短期国債市場では3カ月物政府短期証

券(FB)金利が低下した。

 レポート全文: [JP/MJ]

--------------------------------------------------------------------------------

<円債市場>

 10年国債先物中心限月・9月限(東証)132.44(+0.36)

                    132.31─132.45

 10年最長期国債利回り(日本相互証券引け値) 1.850%(─0.030)

                     1.860%─1.850%

 10年国債先物中心限月9月限は続伸して取引を終えた。前週末の海外市場での米債高

/株安を受けて、先物を中心に買い戻しの動きが先行した。米サブプライム・モーゲージ

(信用度の低い借り手への住宅融資)問題の深刻化で、より安全な資産に資金をシフトさ

せる「質への逃避」の思惑がくすぶり、終日堅調に推移した。29日に投開票される参議

院選挙で与党の苦戦が予想されていることも、債券相場の支援材料になりやすいという。

国債先物9月限は6月7日以来約1カ月半ぶりの水準に上昇した。

 

 レポート全文: [JP/BJ]

--------------------------------------------------------------------------------

<クレジット市場>

政保債(公営)10年 4.5─5.5bp 銀行債(みずほ)5年  9─10bp

地方債(都債)10年 6.0─6.5bp 電力債(東電)10年 10─11bp

 一般債市場では、東京電力(9501.T)<0#9501=JFI>の国内普通社債(SB)が横ばい圏で

推移した。スプレッドの気配(仲値)は、残存期間7─8年で10ベーシスポイント(b

p)程度。新潟県中越沖地震で被害を受けた柏崎刈羽原発について、マーケットでは、現

在出ている材料では市場に与える影響は限られるとして冷静に対応している。クレジッ

ト・デフォルト・スワップ(CDS)市場では、三洋電機6764.T<0#6764=JFI>が上昇。

5年物のプレミアムは100bpで取引された。

 レポート全文: [.JPCR]

--------------------------------------------------------------------------------

<スワップ市場>

 スワップ金利(15時半現在の気配)

   2年物 1.21%─1.17%

   3年物 1.38%─1.34%

   4年物 1.52%─1.48% 

   5年物 1.64%─1.60%

   7年物 1.85%─1.81%

  10年物 2.09%─2.05%

 スワップ金利は低下。米債券相場の流れを継いで国債先物が一段高い水準で取引された

が、先物ゾーンは受け/払いが交錯。週末に6月全国消費者物価指数の発表を控えている

とあって、証券会社を主体とするポジション調整に終始した。

 

 レポート全文: [JPY/YYS]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                          [東京 23日 ロイター]

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below