Reuters logo
再送:〔ロイター調査〕6月の米新築住宅販売、前月から減少の見通し
2007年7月26日 / 03:14 / 10年後

再送:〔ロイター調査〕6月の米新築住宅販売、前月から減少の見通し

*25日に配信した記事を再送します。

 [ニューヨーク 24日 ロイター] ロイター調査によると、米商務省が26日に発表する6月の米新築1戸建て住宅販売は、前月から減少する見通し。貸し出し基準の厳格化などの問題が、販売を抑制したとみられる。

 エコノミスト66人の予想中央値は年率89万5000戸。5月は91万5000戸だった。

 発表は26日午前10時(1400GMT、日本時間午後11時)。

 

 エコノミストのコメントと予想値は以下の通り。

 

 ◎バークレイズ・キャピタル(予想値:89万戸)

 

 住宅ローンの金利がやや上昇していることや、建築業者による販売見通しが依然として今ひとつであることから、6月の新築1戸建て住宅販売は緩やかな減少が見込まれる。ただ、ローン申請のデータからは明るい兆候が見られ、近いうちに需要が下げ止まる、あるいは上向く可能性もある。

  

 ◎リーマン・ブラザーズ(予想値:90万戸)

 

 6月の新築1戸建て住宅販売は前月比1.6%減少し、5月と同様の減少率となる見通し。貸し出し基準の厳格化やローン金利の上昇、買い手の間のネガティブなセンチメントなどを反映したもの。ただ、こうした弱さは、購買奨励策や値下げによって一部緩和されるだろう。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below