November 18, 2011 / 7:48 AM / 8 years ago

〔アングル〕欧州債務危機の米銀への波及リスク、排除できない見通し

 [ニューヨーク 17日 ロイター] 米国の金融機関がどれだけ欧州へのエクスポージャーを縮小しようとも、ユーロ圏債務危機が米金融システムに波及するリスクは排除できないようだ。

 米銀とマネー・マーケット・ファンド(MMF)は過去半年間にわたって、イタリアやギリシャ、その他の重債務国に対する直接的なエクスポージャーを縮小してきたが、依然として欧州債務危機の影響を受けやすい状態にある。

 特にここ数日に関しては、オーストリアやフランス、オランダなどトリプルA格を有する国の国債利回りが急上昇する事態になるほど危機が深刻化しており、懸念が高まっている。

 欧州首脳らが債務危機の波及に先手を打てずにきたことから、債券トレーダーは、2008年9月のリーマン・ブラザーズ破綻後の状況が再来する可能性を大きく織り込みつつある。

 危機波及懸念の再燃は、再び株式市場の急落を招き、格付け機関による格下げ、そして債券市場での借り入れコストの持続不可能な水準への上昇につながる可能性がある。

 MFSインベストメント・マネジメントの首席投資ストラテジスト、ジム・スワンソン氏は、今週ニューヨークで行われた記者会見で「ノーリターンの局面がやって来る」と語った。

 

 <間接的なエクスポージャー>

 

 仏銀などに比べると、米金融機関のイタリアとギリシャへのエクスポージャーは小さい。だが、これらの金融機関はイタリアやギリシャの国債に大量に投資してきたフランスやドイツ、英国の金融機関に対するエクスポージャーを有している。

 米銀とMMFのこうしたエクスポージャーは今年縮小しているものの、フランス、ドイツ、英国の金融機関が欧州周辺国に対して有するエクスポージャーとほぼ同水準となっている。

 国際決済銀行(BIS)によると、これら3国の銀行のイタリア、ギリシャ、スペイン、ポルトガル、アイルランドへのエクスポージャーは2011年6月時点で総額1兆5000億ドル。

 一方、米銀の仏独英3カ国へのエクスポージャーは1兆3000億ドルだった。

 RCMキャピタル・マネジメントの米金融セクター責任者、ダグ・ペン氏は「仏銀に危機が波及すれば、結果的に米銀にも影響が及ぶ恐れがあるという主張が理解できるだろう」と指摘した。

 JPモルガン証券によると、米MMFによる独仏英銀の証券への投資額は10月末時点で2870億ドルと、ユーロ圏債務危機が再燃した5月以降2480億ドル減少している。

 アナリストは、こうした欧州周辺国への間接的なエクスポージャーが、リーマン破綻後に見られたようなレポ市場や他の短期金融市場の機能不全につながる可能性は低いとみている。

 銀行もバランスシートに占めるキャッシュや類似の金融商品の比率を引き上げ、保証のない短期資金への依存度を低減し、米連邦準備理事会(FRB)の支援から恩恵を受けている。

 ただ、システミックな危機となると、こうした備えが無駄になるほど状況が一変するだろう。

 アライアンス・バーンスタインのクレジット部門責任者、Ashish Shah氏は、カウンターパーティーのエクスポージャーの大部分は、担保が必要な翌日物関連のリスクの場合が多いものの、懸念されるのはシステム全体に関わる問題だと指摘した。

 

 <エクスポージャーの開示>

 

 JPモルガン・チェース(JPM.N)、バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)(BAC.N)、シティグループ(C.N)、ゴールドマン・サックス(GS.N)、モルガン・スタンレー(MS.N)は、欧州へのエクスポージャーによる影響を依然として受けやすいと、アナリストは指摘している。

 住宅ローン関連の問題や金利マージンの低下、厳しくなる一方の規制環境などに苦しむ金融機関が、欧州への融資で損失を被れば、再び大きな打撃を受けることになる。

 クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)によるヘッジがリスクの低減に効果的かどうかは不透明なうえ、欧州への全体的なエクスポージャーについてはほとんど明らかにされていない。

 アナリストは、ユーロ圏債務問題を解決できなければ、仏銀が最も大きな損失を被り、仏銀の問題はこれらの銀行へのエクスポージャーを持つ米銀にほぼ確実に影響するとみている。

 格付け会社フィッチ・レーティングスは16日、欧州の債務危機が波及する懸念を理由に、米国の銀行の格付け見通しを「安定的」から引き下げる可能性があると警告した。

 米銀による欧州へのエクスポージャーに関する発表は、全体像を明確にしていない。

 ゴールドマンは、フランスへのエクスポージャーは仏銀への151億2000万ドルを含めて238億ドルとしている。

 しかし、これにはデリバティブ(金融派生商品)や、カウンターパーティーから担保を得ることなどを含むリスク低減テクニックの影響は考慮されていない。また、同行のエクスポージャーは主に、リスクが小さいとされる、フランスの決済機関に差し入れられた担保に対するものとなっている。

 ゴールドマンはまた、欧州への融資関連エクスポージャーは総額352億6000万ドルで、このうち、311億ドルはドイツや英国など周辺国以外の国向けとしている。

 バンカメはフランスへのエクスポージャーについて、171億ドルと発表しているが、詳細は明らかにしていない。

 シティグループは、ベルギーとフランスへの融資関連エクスポージャーは総額144億ドル、68億ドルの証拠金および担保差し入れ額と55億ドルのCDS保証料を考慮したネットベースでは20億ドルになるとしている。

 JPモルガンは、欧州周辺国のスペイン、イタリア、アイルランド、ポルトガル、ギリシャに対するエクスポージャーがネットで152億ドルあるとしているが、フランスへのエクスポージャーについては明らかにしていない。

 米銀は、エクスポージャーの資産に対する比率が、米連邦金融機関検査協議会(FFIEC)が定める0.75%の基準を超えない場合、報告する義務がない。

 モルガン・スタンレーは、フランスへのエクスポージャーは15億3000万ドルだが、18億2000万ドル規模のヘッジを行っているとしている。

 モルガンの広報担当、マーク・レイク氏は「誰もが欧州で事業を行ってきており、欧州へのエクスポージャーをある程度抱えている。これは避けられないことだ」と語った。

 ゴールドマンは欧州関連エクスポージャーについて、発表されている内容以上のコメントを拒否した。

 JPモルガン、バンカメ、シティグループからのコメントは今のところ得られていない。

 (Richard Leong/Karen Brettell記者;翻訳 佐藤久仁子 ;編集 山川薫)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below