October 22, 2007 / 11:02 PM / 13 years ago

KKRとゴールドマン、米ハーマン<HAR.N>から4億ドルの優先債取得で和解

 [ニューヨーク 22日 ロイター] 米大手投資ファンドのコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)とゴールドマン・サックス(GS.N)の投資部門は22日、音響機器メーカー、ハーマン・インターナショナルHAR.N買収合意撤回の一環として、ハーマンから4億ドルの優先債を取得することで合意したと発表した。

 これにより、買収合意破談をめぐり長期化が予想される法廷闘争が回避される見通し。

 KKRとゴールドマンは先月、一旦は合意した総額80億ドルでのハーマン買収を撤回することを明らかにした。KKRとゴールドマンは、ハーマンの事業に重要なマイナスの変化が起きる可能性を合意撤回の理由に挙げていた。

 ハーマン側はそうした事実はないと反論していたが、双方は法廷闘争の長期化にかかる労力と費用を勘案して今回の合意となった。

 KKRとゴールドマンは新合意で、ハーマンの4億ドル相当の(利率1.25%)優先債を購入する。同証券は一定の条件下でハーマン株に転換できる。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below