Reuters logo
〔情報BOX〕米FRB高官の最近の主な発言
2007年12月27日 / 01:10 / 10年前

〔情報BOX〕米FRB高官の最近の主な発言

 [27日 ロイター] 米連邦準備理事会(FRB)高官の最近の主な発言は以下の通り。

 *は2008年の連邦公開市場委員会(FOMC)で投票権を有するメンバー。

 ◎ラッカー・リッチモンド地区連銀総裁(12月19日)

 「インフレ状況は個人的に不快で、今年に入ってみられた改善が継続していないことに失望を覚えざるを得ない」

 「われわれが目の当たりにしている総合インフレとコアインフレの大きな相違に悩まされている」

 「現在のところ(FRBの金利政策に)不安はない」

 「成長見通しに対する最も説得力のあるリスクは下向きということに同意するが、成長が継続し来年にかけて改善するというのが最も可能性のある結末だろう」

 ◎*フィッシャー・ダラス地区連銀総裁(12月18日)

 「われわれがとった措置は来年を通してある程度景気の支援となる。ただ、われわれは過剰反応せず、今後さらなる問題をつくらないことを確実にしたい」

 「インフレ圧力がある程度増しているという事実に留意しており、残り火をかきまわさないよう注意しなければならない」

 「フェデラルファンド(FF)金利は当座の問題を解決する苦痛緩和剤ではないと思う」

 ◎*ガイトナー・ニューヨーク連銀総裁 (12月13日)

 「(米欧中銀の流動性供給策は)一段と弾力的かつ効果的となり得るツールだ。市場の流動性圧力が経済に及ぼすリスクの軽減につながる」

 ◎FOMC声明(12月11日) 

 「入手された情報は、住宅市場の調整が深まっていることや企業や個人支出のある程度の軟化(some softening)を反映し、経済成長が減速していることを示している」

 「さらに、金融市場の緊張(strains)はここ数週間高まった。きょうの措置は、以前に取られた政策措置と合わせて、時間とともに緩やかな成長を促進する(promote moderate growth over time)だろう」

 「コアインフレの指標は今年、緩やかに改善したが、高水準の(elevated)エネルギー・商品価格は、他の諸要因とともにインフレに対して上向き圧力を加える可能性がある(may put upward pressure on inflation)。こうした状況を踏まえ委員会は、インフレリスクがある程度残っている(some inflation risks remain)と判断し、インフレ動向を引き続き注意深く監視していく」

 「金融市場状況の悪化(deterioration)を含め、最近の動向は、経済成長とインフレ見通しをめぐる不透明性(uncertainty)を高めた。委員会は、金融や他の諸動向による経済見通しへの影響を引き続き評価し、物価安定と持続的経済成長の促進のため必要に応じて措置を講じる(will act as needed)」

 ◎プール・セントルイス地区連銀総裁(11月30日)

 「特定セクターでの損失拡大を回避する要望や手段をFRBが持っているわけではない。しかし、金融市場の混乱が大きな問題に発展し、経済全体に影響するのを座視すべきではない」

 「中央銀行が長期的な物価安定を犠牲にすることがなければ、中銀は景気後退リスクの高まりを示唆する新たな情報に対応できるし、対応すべきだ」

 ◎*プロッサー・フィラデルフィア地区連銀総裁(11月30日)

 「明らかに多くの混乱とボラティリティが存在し、それらが将来いかなる形で収束し、どのような影響をもらたすかについて不透明感は非常に根強い。だが同時に、経済全般への影響は依然として限定的だ」

 

 ◎*バーナンキFRB議長(11月29日)

 「金融市場での混乱の再燃により、過去1カ月間で見通しは重大な影響を受けた。金融市場は9月と10月に改善したが、部分的に悪化している。FRBとしては引き続き、非常に警戒し柔軟に対応する必要がある。家計の所得と支出は引き続き拡大すると予想しているが、ガソリン価格の上昇、住宅市場の低迷、クレジット環境のひっ迫、株価下落が、今後の消費支出にとってやや逆風となりそうだ」

 「金融政策の有効性は、インフレが十分抑制されることに対する人々の信頼感を維持できるかどうかにかかっている。したがって、われわれはインフレの動向を注視している」

 

 ◎*ミシュキン理事(11月29日)

 「わたしが経済のバランスを維持するという職務を果たしている限り、人々が金銭を失おうが構わない。愚かなことをすれば、金銭を失うものだ」

 

 ◎*フィッシャー・ダラス地区連銀総裁(11月28日)

 「(FOMCには)私自身を含め、インフレ圧力を非常に懸念している出席者がいる。インフレを望ましい水準にするという点で対応をとり終えたとは思わない」

 「同時に、資本市場の機能を維持するには、健全な金融市場が必要だという事実を十分認識する必要がある」

 

 ◎*コーン副議長(11月28日)

 「ここ数週間の混乱の高まりは、9月下旬から10月にかけてみられた市場機能の改善を一部覆した。混乱の高まりが長引けば、家計や企業の金融状況が一段とひっ迫する公算が強まるだろう」

 「現在は経済見通しをめぐる不透明感が非常に強く、柔軟かつ実利的な政策の策定が求められている」

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below