July 18, 2008 / 1:07 AM / 12 years ago

UBS<UBSN.VX>、米国居住者向けのプライベート・バンキング業務を一部停止

 [ワシントン 17日 ロイター] スイスの銀行大手UBSUBSN.VXは17日、米国における脱税ほう助疑惑に関連し、米当局の規制対象になっていない業務拠点を通した米国在住の顧客向けの国際間のプライベート・バンキング業務の提供を停止すると発表した。

 UBSのグローバル・ウエルス・マネジメントおよび銀行業務担当の最高財務責任者(CFO)のマーク・ブランソン氏が米国上院の調査小委員会公聴会に出席し明らかにした。

 ブランソン氏は、脱税に関わった疑惑のある顧客を特定するために、UBSは米政府の調査に協力しているとも述べた。

 今後UBSは米国の顧客に対し、取引を米国の規制対象となっているUBSの3支店のうち1つに移すよう要請する。

 ブランソン氏の公聴会出席後に配布した声明でUBSは「UBS・ウエルス・マネジメント・アメリカスはこれまでと変わらずに営業を続ける」と述べた。

 同調査小委員会の報告で、米国の富裕層の中にはスイスとリヒテンシュタインに資産を隠し、米国での税金の支払いを逃れるケースが多々あるとし、UBSには1万9000件の米当局に報告されていない銀行口座があり、そうした口座に米国在住の預金者による総額180億ドルの資産が隠されている疑いがあるとしている。

 この件に関連して、今年5月にはUBSの元行員2人が、米国の不動産業者の2億ドルの資産隠しに関与したとして、脱税ほう助の容疑で起訴された。6月19日にはそのうち1人が有罪を認めている。

 

記事中の企業の関連情報は、各コードをダブルクリックしてご覧ください。

 

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below