June 15, 2009 / 4:00 AM / 11 years ago

アジア株は小幅安、週末のG8には反応薄

 [東京 15日 ロイター] 15日のアジア株式市場は小幅安で推移している。世界経済は株価の一段高を正当化するほど改善していないのではないかとの懸念が強まり、主要アジア株価指数は今月初旬に付けた8カ月ぶり高値から押し戻されている。

 先週8カ月ぶり高値を付けた原油価格が下落し、豪ドルなど資源国通貨に利食い売りが出るなか、ドルが買い戻されている。

 週末開催された主要8カ国(G8)財務相会合は新たな材料に乏しく、投資家の関心は今後の米経済指標や米国債利回り、商品市況動向に移っている。

 0157GMT(日本時間午前10時57分)現在、MSCIアジア太平洋株指数(日本を除く).MIAPJ0000PUSは1.2%安の328.94。 

原文参照番号[nT24036](3000Xtraをご利用の場合、配信後24時間以上経過した記事でも380日以内であれば[ID:nT24036]でご覧になれます。なお、契約の内容によっては、原文がご覧いただけない場合もあります)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below