February 8, 2010 / 6:58 AM / in 10 years

米国債よりもドイツ連邦債への投資が望ましい=PIMCO最高経営責任者

 [シドニー 8日 ロイター] 世界最大の債券運用会社であるパシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー(PIMCO)のモハメド・エルエリアン最高経営責任者(CEO)は8日、現在の投資環境においては米国債よりもドイツ連邦債への投資が望ましい、との考えを示した。

 同CEOはまた、2010年は金融市場や政策当局者にとって、ソブリンリスクが大きな問題となる、との見方を示した。

原文参照番号[nSYA008182](3000Xtraをご利用の場合、配信後24時間以上経過した記事でも380日以内であれば[ID:nSYA008182]でご覧になれます。なお、契約の内容によっては、原文がご覧いただけない場合もあります)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below