June 27, 2010 / 5:55 PM / 9 years ago

UPDATE6: 〔情報BOX〕G8・G20首脳の発言

 [27日 ロイター] カナダ・オンタリオ州のムスコカ地方で開催された主要8カ国(G8)首脳会議、続いてトロントで開催された20カ国・地域(G20)首脳会議での各国要人の発言は以下の通り。

 

 ◎オバマ米大統領

 

 ─G20:

 

 強く持続的な成長に向けて、各国は過度に優位性のない状態が必要だ。そのため市場主導の通貨についても議論した。

 

 <世界経済について>

 世界経済の回復はぜい弱、景気刺激策の解除を急ぐべきではない。

 <中国について>

 米国は市場の力に対応した通貨の上昇を容認する中国の決定を歓迎する。中国の人民元弾力化への姿勢は真剣だ。中国には膨大な貿易黒字があるため、市場の力に基づき、人民元は相当上昇する必要がある。

 <北朝鮮について>

 国際社会は3月の韓国の哨戒艦沈没事件をめぐり北朝鮮に明確なメッセージを送るため、韓国を支持する必要がある。

 <日本との同盟関係について>

 日本との同盟関係は強固だ。 米国と中国との関係強化により、日本や韓国との関係が弱まることはない。

 ─G8:

 <韓国が、哨戒艦沈没事件をめぐり国連安保理に北朝鮮非難決議を求めていることについて>  

 われわれは全面的に韓国を支援しており、それは正しいことだと考える。 そうした無責任な行為に対しては、国際的な場で結論を出すことが必要だ。

 <米英の経済政策について> 

 米英は状況が異なり、両国の対応には差があるが、われわれは、同じ方向を目指している。人々に雇用をもたらす、長期的に持続可能な成長という方向だ。

 

 ◎ガイトナー米財務長官

 ─G8:

 <人民元弾力化について>

 重要なステップで、中国が国内の問題に対処する上で役立つほか、すべての貿易相手国に対してより公平な条件を与える。

 

 <G20各国が成長を追求する必要性について> 

 世界経済を危機から脱却させる効果的な戦略の一環として、各国が時間をかけて赤字削減に必要な措置をとるとの認識を確認する必要がある。

 ただ、各国が成長していくことも確認する必要がある。適切なバランスを探る必要がある。適切なバランスは国によって異なる。ただ、主要国が景気回復を支援し、適切なバランスをとるために必要な措置に強くコミットしていることが明らかになると考えている。

 

 

 ◎ストロスカーンIMF専務理事

 

 ─G20:

 

 <2013年までの財政赤字半減目標について>

 問題を単純化し過ぎている。問題は国によって異なるため、赤字半減について話すのは問題を単純化し過ぎている。各国が適切な措置を実施することの方に、より関心を持っている。

 ◎中国の胡錦濤国家主席

 ─G20:

 <世界的な景気回復と出口戦略について> 

 G20諸国と国際社会の共通した努力により世界経済は徐々に回復しているが、盤石ではなく、バランスのとれた回復過程でもない。多くの不透明性がある。

 これらの全ては金融危機の甚大な影響を克服しておらず、世界経済へのシステミックかつ構造的リスクは引き続き強いことを示している。

 景気刺激策解除の時期、ペース、程度については、慎重に進める必要がある。

 

 <金融危機について>

 国際金融危機から厳しい教訓を得る必要がある。厳しい資本・レバレッジ比率規制を確立し実行する必要がある。

 

 <中国の目標>

 力強い成長を確実にすることが最優先課題。長期的な目標は持続的な成長を可能にすることだ。われわれの経済構造を調整することで均衡のとれた成長とすることが求められる。

  

 ─G8:

 <対米関係について> 

 お互いが最近行った努力により、米中関係が実質的に前進したことを喜ばしく思っている。われわれはこの精神を維持する必要がある。

 主要な地域および国際問題に関して、米国との対話や協力関係を強化したいと思っている。

 

 ◎菅直人首相

 

 ─G20:

 

 <人民元について>

 すでに中国自身が為替の若干の柔軟性を認める方向を打ち出している。今回は特に人民元を中心にした議論はなかった。すでにひとつの山を越えたという認識があった。

 

 <銀行税について>

 

 日米が支持していないことなどから大きな議論にならなかった。

 

 ─G8:

 

 <財政健全化について>

 経済・財政の問題では私の方から、成長と財政再建の両立が特に重要だと、わが国だけでなく、すべてのG8諸国にとって重要だと指摘した。

 雇用を軸にした経済の成長、それがデフレ解消につながり、財政再建にも資すると説明した。G8から一定の理解を得られた。

 

 

 ◎キャメロン英首相

 ─G20:

 <世界貿易機関(WTO)の多角的通商交渉(ドーハ・ラウンド)について>

 現在は立ち往生の状態で進展していない。このままの状況だと妥結できない。新たな原動力を見出せば、打開の道が開ける。

 ◎ロシアのメドベージェフ大統領

 ─G20:

 <IMFについて>

 国際通貨基金(IMF)改革は継続しているが、完了させる必要がある。

 

 ◎サルコジ仏大統領

 ─G20:

 <銀行税について>

 欧州は銀行税の道筋を示さなければならない。われわれは道筋を示し、実行する。すべての人を同じ方向性に進ませるのは難しい。少なくとも(概念は)受け入れられた。

 <財政赤字半減計画について>

 目標という言葉が使われたとは考えていない。欧州各国間が行った確約より弱い。より強い確約を求めた国もあれば、あまり拘束力がない形を望んだ国もあった。

 われわれは、たとえばスペインやポルトガルに主要な支援計画のファイナンスを要しすることはない。持続性プランを実行する確約は各国の自主性に委ねられるもので、G20の包括的指令ではない。たとえば日本はこの目標を順守しないがそれは日本の権利だ。

 ─G8:

 <銀行や金融取引への課税案に関して>

 銀行に課税するフレームワークを作ることが必要で、それを導入する考えだ。銀行以外には課税するつもりはないが、フレームワークが必要だ。われわれはそのために努力する。

 

 <財政赤字削減策について>

 われわれは、危機に対して協調のとれたアプローチを決めた。最も多額の債務を抱え、最も赤字が多い国は、赤字を削減すべきだとの認識ですべての国が一致している。G8以前には対立を予想する声が大半だったことは知っているが。そのような対立は起きていない。

 

 ◎メルケル独首相

 ─G8:

 <銀行や金融取引への課税案に関して>

 G20では残念ながら、銀行課税についても金融取引税についても、共通の立場は持っていない。

 <債務削減や成長促進に関して>

 G8は、巨額の歳出プログラムを終わらせる時期であり、出口戦略に着手すべきであることについては共通の見解を持っている。

 おそらく、出口戦略を導入するペースについては立場の相違がある。

 

 ◎カナダのハーパー首相

 

 ─G20: 

 <人民元について>

 われわれは、最近みられた多くの前向きな動きを称賛したい。具体的には、財政赤字への強い取り組みを示した英国の予算、中国の為替相場に関する柔軟性、米国の金融規制改革だ。

 宣言は、為替相場の柔軟性を今後高めるという重要なコミットメントを含んでいる。中国は首脳会議を前に、世界に対しそれを確約した。中国が確約を果たすと確信している。国際舞台でこのような確約をすれば、それに対する説明責任を持つことになる。

 

 ─G8:

 <首脳会議での協議について>

 G20として、重要な課題が待ち構えていることは明らかだ。1年前に比べれば危機管理への注目度は低下したかもしれないが、重要な問題が待ち構えている。

 金融セクター改革を積極的に進めなければらない。危機の原因となった問題を解消し、再発を防ぐ必要がある。

 抜本的な金融規制改革を進める必要があるが、規制が信用創造を阻害することがあってはならない。各国首脳はバランスをとる必要性も認識している。 

 

 G20首脳会議では財政健全化について、活発な議論を予想しているが、先進国の財政健全化の中期目標の必要性については、強力なコンセンサスがあると感じている。

 世界経済の回復がぜい弱との認識で各国首脳が一致している。ソブリン債務危機などのリスク要因が、リーマン・ブラザーズ破たんのような「大変動をもたらす事件」に発展しないよう、協調した行動が必要との認識でも一致している。

 

 ◎カナダのフレアティ財務相

 

 ─G20:

 

 <二番底リスクについて>

 (CTVテレビのインタビュー)再びリセッションに陥る可能性があるとの認識があり、だれもそれを望んでいない。だからこそ、われわれは正しい解決策、正しいバランスを見出そうとしている

 

 ◎ロシア財務省のアンドレイ・ボカレフ氏(G20首脳会議副個人代表)

 ─G20:

 <G20首脳会議声明の人民元に関する部分の扱いについて>

 G20の大半は中国の人民元弾力化計画を歓迎したが、中国側の要請で声明での言及は外された。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below