November 5, 2010 / 2:52 AM / 8 years ago

UPDATE1: シドニー外為・債券市場・中盤=豪ドル堅調、一時28年ぶり高値

 [シドニー/ウェリントン 5日 ロイター] 5日午前のシドニー外為市場の豪ドル相場は、一時28年ぶり高値を更新するなど堅調に推移している。

 豪ドルAUD=D4は序盤、1豪ドル=1.0175米ドルまで上昇。その後、若干の利食い売りが出て1.0132米ドルまで戻っている。対円AUDJPY=Rでも上昇、1豪ドル=81円99銭と、5カ月ぶり高値(82円15銭)に近付いている。

 豪ドルは対ドルで今週に入ってから2.8%上昇しており、今後はやや値固めの動きが出る可能性もある。

 チャートは、豪ドルが1.0000―1.0080米ドルのレンジまで軟化して値固めを行う可能性を示唆している。0.9850米ドルよりも下落すればより大幅な調整もありそうだ。

 豪州と米国の2年債の金利差が471ベーシスポイントと1年半ぶりの大きさに拡大していることも豪ドルの支援材料。

 オーストラリア準備銀行(RBA、中央銀行)が発表した四半期報告は市場を驚かせるものではなく、全体的に追加利上げの根拠を示している。

 インターバンク先物相場は、2月までに0.5%の利上げが行われる可能性を32%と織り込んでいる。

 豪債券先物は軟化。3年債YTTc1は0.03ポイント安の94.92、10年債YTCc1は0.015ポイント安の94.735となっている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below