December 30, 2010 / 6:57 AM / 8 years ago

シドニー外為・債券市場=豪ドルは対米ドルで28年ぶり高値、商品相場が下支え

 [ウェリントン/シドニー 30日 ロイター] 30日のシドニー外国為替市場の豪ドル相場AUD=D4は、対米ドルで一時1豪ドル=1.0198米ドルまで上昇、28年ぶり高値を付けた。その後は1.0163米ドルで推移している。

 豪ドルは今年、米ドルに対して約14%上伸。上昇率は今月だけで6.4%前後に達した。

 豪ドルは対ユーロEURAUD=Rでも1ユーロ=1.3008豪ドルまで値を上げ、過去最高値に迫った。年初来の上昇率は約23%となっている。

 

 豪ドルを押し上げたのは堅調な商品相場。ロンドン金属取引所(LME)の銅先物CMCU3は過去最高値を更新、亜鉛や鉛、アルミも6週間ぶり高値を付けた。鉄鉱石は170ドル台を維持している。

 商品相場は来年の世界経済に対する楽観的な見通しをはやして急伸。主要国が金融緩和を続けるとの観測にも支えられている。

 こうした状況を背景に、オーストラリア準備銀行(RBA、中央銀行)が来年も金融引き締めを続けるとの見方が強まっている。

 ナショナル・オーストラリア銀行の通貨ストラテジスト、ジョン・キリアコプロス氏は「主要国に対する豪州の利回りの優位性は今後も歴史的な水準を維持し、豪ドルを下支えするだろう」と指摘、「豪ドルは来年半ばごろまで主要通貨に対して上昇すると予想している」と述べた。

 同氏は豪ドルが来年半ばまでに1.05米ドル、通年でも平均1.00米ドルで推移するとの見通しを明らかにした。

 

 豪債券先物は高い。3年債YTTc1は0.060ポイント高の94.650、10年債YTCc1は0.095ポイント高の94.370。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below