May 9, 2011 / 1:58 AM / 8 years ago

未公開株取引市場の米セカンドマーケット、事業の適法性をSECに照会=WSJ

 [ニューヨーク 8日 ロイター] 未公開企業の株式を売買するオンライン市場を提供する米セカンドマーケットは、当局による監視強化を背景に、事業の適法性の確認を米証券取引委員会(SEC)に求めている。

 米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が8日伝えた。

 これによると、セカンドマーケットは、事業行為が適法かどうかを行政機関に事前に確認する手続き「ノーアクションレター」に関連し、SECと予備協議を実施。この手続きによって、セカンドマーケットは事業運営についてSECのお墨付きを得たい考えだ。

 同社はすでに、ブローカー・ディーラーとしてSECに登録済みで、フェイスブックやツイッターなど未公開株の売買の取り扱いでは最大手。

 今回の動きの背景には、過去2年で急成長したセカンドマーケットやシェアーズポストをはじめとする流通市場における取引への監視が厳しくなっていることがある。

 セカンドマーケットの広報担当者はコメントを差し控えた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below