May 11, 2011 / 10:02 PM / 8 years ago

NY市場サマリー(11日)

                   (カッコ内は前営業日比、%は利回り)

ドル/円    終値    81.11/15

        始値    81.09/10

    前営業日終値    80.80/84

 

ユーロ/ドル  終値   1.4202/06

        始値   1.4331/36

    前営業日終値   1.4403/09  

30年債US30YT=RR 

   (2105GMT)     107*15.00(+0*27.00) =4.3023%

前営業日終盤     106*20.00(‐0*22.00) =4.3506%

10年債US10YT=RR

   (2105GMT)      103*29.00(+0*15.50) =3.1565%

  前営業日終盤    103*13.50(‐0*15.50) =3.2135%

 2年債US2YT=RR

   (2105GMT)     100*04.75(+0*02.50)=0.5490%

前営業日終盤     100*02.25(‐0*02.50)=0.5890%  

ダウ工業株30種(ドル).DJI

     終値         12630.03(‐130.33)

   前営業日終値    12760.36(+ 75.68)

ナスダック総合.IXIC

     終値         2845.06(‐26.83)

   前営業日終値    2871.89(+28.64)

S&P総合500種.SPX

     終値         1342.08(‐15.08)

   前営業日終値    1357.16(+10.87)

COMEX金(6月限)(ドル/オンス)2GCM1GCM1<0#GC:>

        終値 1501.40(‐15.50)

     前営業日終値   1516.90(+13.70)

原油先物(6月限)(ドル/バレル)2CLM1CLM1<0#CL:>

        終値 98.21(‐5.67)

      前営業日終値   103.88(+1.33)

CRB商品指数(ポイント).CRB

         終値   338.10(‐10.47)

     前営業日終値      348.57(+ 4.47)

--------------------------------------------------------------------------------

 <為替> ユーロが急落。ギリシャ債務をめぐる懸念が強まっていることや、商品市場

の下落がユーロを圧迫した。

 ユーロは、1.43ドル付近にある50日移動平均を割り込み、3週間ぶり安値をつけ

た。株価や商品相場が大きく下落し、ドルへの逃避買いが膨らんだ。

 ユーロは前週1.49ドルを超えて上昇し、1年5カ月ぶり高値をつけていた。ユーロ

相場の急速な反転に慎重な見方が強まるなか、ユーロは今後一段と下げ幅を拡大する可能

性がある。

 NY外為市場:[USD/J]

--------------------------------------------------------------------------------

 <債券> 米株価下落を受け、安全資産としての買いが米国債に入った。

 CRTキャピタル・グループのシニア国債ストラテジスト、イアン・リンゲン氏は「株

価下落に加え、商品価格も下落したこと、さらにこの日の10年債入札が堅調だったこと

が国債相場を支援した」と述べた。

 原油を含む各種商品の価格が下落したことでインフレ懸念が幾分和らぎ、物価上昇に

よって価値が損なわれる債券に買いが入りやすい地合いとなった。

 米金融・債券市場:[US/BJ]

--------------------------------------------------------------------------------

 <株式> 反落し、過去3営業日の上昇分がほぼ帳消しとなった。エネルギーやその他

の商品(コモディティ)関連株が売られ、相場が上昇を維持できるかどうか不透明感が高

まった。

 商品相場が過去1週間で2度目の大幅安となったことを嫌気し、株を含む他のリスク資

産の売りが広がった。ドルの上昇や米原油・石油在庫の増加を示す統計を受けて原油価格

は5%超下落。S&Pエネルギー株指数.GSPEは3%安となった。

 米国株式市場:[.NJP]

--------------------------------------------------------------------------------

 <金先物> 対ユーロのドル高や原油相場の大幅下落に圧迫され急落した。中心限月6

月物は前日終値比15.50ドル安の1オンス=1501.40ドルと4営業日ぶりに下

落して取引を終了。立会取引のレンジは1499.80─1513.00ドルだった。

 ギリシャの債務再編が懸念される中、為替市場で朝方にドル買い・ユーロ売りの流れが

活発化し、これによりドル建てで取引される金塊などの商品は割高感に圧迫された。

 

 NY貴金属:[GOL/XJ]

--------------------------------------------------------------------------------

 <原油先物> 原油、ガソリン在庫の大幅な積み増しが嫌気され、急反落した。米国産

標準油種WTIの中心限月6月物は前日終値比5.67ドル(5.5%)安の1バレル=

98.21ドルで終了。7月物は5.70ドル安の98.77ドルで取引を終えた。

 米エネルギー情報局(EIA)が同日の朝方発表した週間在庫統計は、原油在庫が前週

比380万バレル増と、市場予想を大幅に上回る積み増し幅。さらに、ガソリン在庫は減

少を見込んでいた市場予想に反して130万バレル増加した。ドライブシーズンを間近に

控えているにもかかわらず在庫が増加したため需給緩和懸念が広がり、原油、ガソリン先

物相場ともに売りが台頭。ガソリン相場は電子取引で一時9%近く下落した。

 NYMEXエネルギー:[CR/USJ]

--------------------------------------------------------------------------------

                           [東京 12日 ロイター]

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below