June 24, 2019 / 5:39 PM / 3 months ago

中東の緊張高まり懸念、供給阻害なら行動=IEA事務局長

[ダブリン 24日 ロイター] - 国際エネルギー機関(IEA)のビロル事務局長は24日、中東地域での緊張の高まりが世界的なエネルギーの安全保障に及ぼす影響について強く懸念しているとし、供給が物理的に阻害された場合、IEAは行動を起こすと述べた。

ビロル事務局長は記者会見で「IEAは非常に懸念しており、極めて緊密に情勢を注視している。(供給が)物理的に阻害されれば、IEAは適切に対応する」と述べた。

同時に、米シェールオイル価格の力強さが市場を下支えしているとの認識も表明。「原油価格上昇に歯止めがかかり、世界中の消費国への恩恵となる」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below