July 12, 2019 / 10:04 AM / 10 days ago

石油市場、米国の増産で供給過剰に=IEA

[ロンドン 12日 ロイター] - 国際エネルギー機関(IEA)は12日公表した月報で、世界の石油需要が低迷する中、米国の石油生産が拡大し、今後9カ月で世界の石油在庫が増加するとの見通しを示した。

石油輸出国機構(OPEC)加盟国と非加盟国は協調減産の延長で合意したが、市場の均衡を保つには生産の削減が必要となる可能性もある。

月報によると、OPEC産原油の需要は2020年初めに日量2800万バレルに減少する見通し。

非OPEC加盟国の生産は2020年に日量210万バレル増加する見通しだが、このうち日量200万バレルは米国の生産分になる見込みという。

現在、OPECの生産水準は日量3000万バレル。世界の石油在庫は2020年第1・四半期末までに1億3600万バレル増加する可能性があるという。

2019年と2020年の石油需要の予測は据え置いた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below