February 22, 2018 / 9:54 AM / 4 months ago

独IFO業況指数、2月は115.4 予想以上に低下

ただ依然として高水準を維持し、ドイツ経済が第1・四半期も順調に拡大する可能性を示唆した。

ロイターの調査では117.0への低下が予想されていた。

IFOのクレメンス・フュースト所長は、現況に対する企業の満足度が後退したものの、指数はなお1991年以降で2番目に高い水準にあると指摘。「第1・四半期の経済成長率が0.7%になることを示唆している」と述べた。

調査は約7000社を対象に実施された。

業況指数低下の主因は、向こう6カ月間の先行き見通しを示す指数の低下。同指数は昨年4月以降で最低となった。

QCパートナーズのトマス・アルトマン氏は「ユーロ高と金利上昇が経営者の主な懸念材料となっているようだ」と指摘した。

業種別では、特に製造業の業況が悪化。卸売業、建設業、小売業の業況も悪化した。

IFOのエコノミスト、クラウス・ボールラーベ氏は「業況指数は低下したが)基調が変わったわけではない。ドイツ経済は依然として非常に良好だ。ただ、勢いが若干鈍っている」と指摘した。

同氏は、キリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)と社会民主党(SPD)の大連立交渉が合意に達したことについて、経営者の心理改善には寄与していないとの認識を示した。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below