January 25, 2018 / 7:32 AM / 7 months ago

IIJ、デジタル通貨の取引・決済サービス参入へ

[東京 25日 ロイター] - インターネットイニシアティブ(IIJ)(3774.T)は25日、デジタル通貨の取引・決済サービスに参入すると発表した。IIJが中心になって新会社を設立、2018年度下期からサービスを始める。5年後の2022年度に会員・利用者数500万人超、売上高100億円超を目指す。

1月10日付で金融サービス事業を手掛ける「ディーカレット」を設立した。資本金は52.3億円(予定)でIIJが35%を出資。伊藤忠商事(8001.T)や野村ホールディングス(8604.T)など商社や生保、損保、証券、銀行、事業会社など18社も資本参加する。

2018年度下期からウォレットを通じた「デジタル通貨交換サービス」や「デジタル通貨を利用した決済サービス」を順次始める。

新会社の社長に就任したIIJの時田一広専務は会見で「デジタル通貨によって日本のキャッシュレス化を進めていく。国内展開のあと、グローバルでの展開も考えていきたい」と意欲を示した。

志田義寧

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below