February 12, 2019 / 11:43 PM / 8 days ago

競泳=池江が白血病を公表

 2月12日、昨年のアジア大会で6冠を達成した競泳女子の池江璃花子が、白血病と診断されたことを自身のツイッターで発表した。インドネシアのジャカルタで2018年8月撮影(2019年 ロイター/Athit Perawongmetha)

[東京 12日 ロイター] - 昨年のアジア大会で6冠を達成した競泳女子の池江璃花子(18)が12日、白血病と診断されたことを自身のツイッターで発表した。

池江はツイッターに「この度、体調不良としてオーストラリアから緊急帰国し検査を受けた結果、白血病という診断が出ました。私自身、未だに信じられず、混乱している状況です。ですが、しっかり治療をすれば完治する病気でもあります」と投稿した。

また、今後については「日本選手権の出場を断念せざるを得ません。今は少し休養を取り、治療に専念し、1日でも早く、また、さらに強くなった池江璃花子の姿を見せられるよう頑張っていきたいと思います。これからも温かく見守っていただけると嬉しいです」と述べている。

昨年、アジア大会で女子選手では1大会最多記録となる金メダル獲得を成し遂げた池江は、100メートルバタフライで世界最高、50メートルバタフライでは世界2位の記録を残し、日本年間最優秀水泳選手に選ばれた。

母国開催となる2020年東京五輪での活躍も期待されている。池江のコーチを務める三木二郎氏は、東京五輪出場の可能性についてゼロではないと話している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below