for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米メルク、がん治療開発イマーゴを13.5億ドルで買収へ

 11月21日、米製薬大手メルクは、がん治療薬開発の米イマーゴ・バイオサイエンシズを13億5000万ドルで買収すると発表した。写真はメルクのロゴ。ニュージャージー州 で2018年7月撮影(2022年 ロイター/Brendan McDermid)

[21日 ロイター] - 米製薬大手メルクは21日、がん治療薬開発の米イマーゴ・バイオサイエンシズを13億5000万ドルで買収すると発表した。メルクの売り上げの柱であるがん治療薬「キイトルーダ」の主要特許が2028年に期限切れになる見通しで、血液疾患治療薬のポートフォリオを拡充する狙いがある。

イマーゴ1株に36ドルを支払う。直近の取引終値に比べ107%近い上乗せになる。来年1─3月期に買収完了の見通し。

メルクは昨年、高血圧症治療の実験段階の治療薬を持つ米バイオ医薬品会社アクセレロン・ファーマを約115億ドルで買収。今年夏にはがん治療薬の米シージェンを400億ドル近くで買収する協議に入っていると伝えられたが、これは実現していない。

市場関係者の間では、キイトルーダの特許切れによる減収を埋めるため、メルクがさらに買収に取り組むことになるとの見方が出ている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up