September 27, 2019 / 12:58 AM / in a month

IMF、アルゼンチンとの協議継続 支援にコミット=報道官

 9月26日、国際通貨基金(IMF)のライス報道官は、IMFはアルゼンチンと引き続き協議を行っており、同国の長期的な成長・安定軌道への回帰支援に尽力していると語った。写真は公共料金値上げに反対する抗議活動。2月13日、ブエノスアイレスで撮影(2019年 ロイター/Agustin Marcarian)

[ワシントン 26日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)のライス報道官は26日、IMFはアルゼンチンと引き続き協議を行っており、同国の長期的な成長・安定軌道への回帰支援に尽力していると語った。

今年10月の総選挙を前に、IMFがアルゼンチンへの関与を後退させているとの批判をかわし、協議は継続していると強調した。

同報道官は、570億ドル規模のアルゼンチン向け支援プログラムから見込まれている54億ドルの融資について、実行する期限は設けられていないとした上で、融資が遅れることは珍しいことではないと述べた。

同報道官によると、ゲオルギエワ次期IMF専務理事が25日、アルゼンチンのラクンサ財務相と会談した。IMFの事務当局とラクンサ氏らアルゼンチン当局者との会談も行われたという。

今後、10月14日から始まる秋のIMF会合の際にも、ワシントンでさらなる協議が予定されているという。

ライス氏は「われわれは、アルゼンチンが長期的な安定と成長への軌道に乗るよう支援することに引き続き完全にコミットしている」と述べ、IMFがアルゼンチンとの関係を保留にしているとの見方は正しくないと指摘した。

その上で早期の前進は困難な状況だと認め、協議されている選択肢の詳細などへの言及は控えた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below