October 8, 2019 / 3:36 PM / 10 days ago

IMFが資本増強先送り、米国の反対で合意できず=関係筋

[東京 8日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)が今月開催の年次総会での合意を目指していた資本増強を先送りすることが8日、分かった。関係筋が明らかにした。増資が決まれば、現在3位の中国の出資比率が2位の日本を逆転する可能性が高かったが、最大出資者の米国が反対にまわったことで議論が進まなかった。

IMFの出資比率は原則、加盟国の経済規模に応じて決まる仕組みで、中国の影響力拡大に米国が難色を示したことが背景にある。

梶本哲史

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below