July 25, 2019 / 11:34 PM / 23 days ago

IMF、ECBによる緩和的金融政策維持の確約に支持表明

7月25日、国際通貨基金(IMF)は、欧州中央銀行(ECB)が超緩和的な金融政策の維持を確約し、必要に応じてさらなる緩和策を検討する姿勢であることに支持を表明した。写真はIMFのロゴ。チリのサンチアゴで23日撮影(2019年 ロイター/Rodrigo Garrido)

[ワシントン 25日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)は25日、欧州中央銀行(ECB)が超緩和的な金融政策の維持を確約し、必要に応じてさらなる緩和策を検討する姿勢であることに支持を表明した。

ECBは同日、政策金利を2020年半ばまで現行水準もしくはそれを下回る水準にすると言明し、来年半ばまで現行水準に据え置くという方針を撤回した。また、資産購入策の再開などを含む追加緩和の選択肢を検討するようスタッフに指示したことを明らかにした。早ければ9月の会合で利下げや資産買い入れに動く可能性がある。

これに関しIMFのゲリー・ライス報道官は記者団に「IMFのスタッフは、超緩和的な金融政策を長期にわたり維持するとのECBの確約や、必要ならばさらなる緩和策を検討することに前向きな姿勢および適切な措置の検討を支持する」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below