Reuters logo
米政権の税制改革、短期的に税収中立とならない可能性=財務長官
2017年4月23日 / 23:23 / 7ヶ月後

米政権の税制改革、短期的に税収中立とならない可能性=財務長官

[ワシントン 22日 ロイター] - ムニューシン米財務長官は22日、トランプ政権が発表する税制改革案について、従来の「静的な」予算分析ルールから見ると「短期的な問題」をもたらすと述べ、税収中立とはならない可能性を示唆した。

 4月22日、ムニューシン米財務長官(写真右)は、トランプ政権が発表する税制改革案について、従来の「静的な」予算分析ルールから見ると「短期的な問題」をもたらすと述べ、税収中立とはならない可能性を示唆した。左はラガルドIMF専務理事、ワシントンで撮影(2017年 ロイター/Mike Theiler)

長官は、国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事との会談で「われわれは成長とともに、元が取れる改革を目指している」と発言。「動的な予算分析の下では、税制改革案は元が取れる見通しだが、静的な分析では、短期的な問題が生じることになる」と語った。

ムニューシン長官はまた、税制改革では中間層の税負担を減らすとともに、税制の一段の簡素化を目指すとした。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below