for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ドイツ経済は鈍い回復基調、下振れリスク増大=IMF

国際通貨基金(IMF)は23日発表した報告書でドイツ経済は鈍い回復基調にあるが、下振れリスクが高まっており、ウクライナ戦争の影響の緩和とガス供給の確保に注力すべきと指摘した。ハンブルグ港で2012年9月撮影(2022年 ロイター/Fabian Bimmer)

[ベルリン 23日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)は23日発表した報告書でドイツ経済は鈍い回復基調にあるが、下振れリスクが高まっており、ウクライナ戦争の影響の緩和とガス供給の確保に注力すべきと指摘した。

IMFは声明で、欧州最大の経済大国であるドイツの財政政策は不確実な環境の中で柔軟であるべきとの見解を示した。

IMFは、ドイツの経済成長率は2022年に約2%に減速するとの見通しを示した。エネルギー価格と供給のボトルネックが落ち着いて新型コロナウイルス感染者数の抑制が続いていれば、23年に2%余りに回復すると予測。

IMFは「24年以降の成長率は潜在成長率へと低下するだろう」とし、「エネルギー価格高騰による民間投資への逆風、外需低迷、戦争による経済的、地政学的な不確実性の増大などを踏まえると中期的な成長率は新型コロナのパンデミック(世界的大流行)前の傾向を下回る状態が続くだろう」との見方を示した。

ドイツ政府の当面の優先的な政策課題はガス供給を確保し、ロシアのウクライナ侵攻による影響を緩和し、弾力性を高めることになると指摘した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up