for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中銀はインフレ対策に「粘り強く」対処すべき=IMF専務理事

[ワシントン 14日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)のゲオルギエワ専務理事は14日、各国中央銀行は広範なインフレに粘り強く対処しなければならないと述べ、昨年にインフレ緩和を予測した多くのエコノミストが間違っていたことを認めた。

同専務理事は「インフレは根深く、われわれが考えていたよりも広範囲に及んでいる」と指摘。「それは中央銀行が粘り強く戦う必要があることを意味する」とした。

その上で、財政政策と金融政策がうまく機能すれば、来年には状況が好転するとの見通しを提示。ただ、財政政策の目標が十分でない場合、財政政策は「金融政策の敵」となり、インフレをあおる結果になりかねないとも指摘した。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up