Reuters logo
指標低迷なら中銀は緩和的金融政策の維持を=IMF専務理事
2017年10月26日 / 08:16 / 1ヶ月後

指標低迷なら中銀は緩和的金融政策の維持を=IMF専務理事

[パリ 26日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は26日、経済指標の低迷が続くところの中央銀行は緩和的金融政策を維持しつつ、資産バブルの脅威を防ぐために資産価格への監視を続けるべきだとの考えを示した。

10月26日、国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は、経済指標の低迷が続くところの中央銀行は緩和的金融政策を維持しつつ、資産バブルの脅威を防ぐために資産価格への監視を続けるべきだとの考えを示した。写真は13日、ワシントンで開催されたIMF・世界銀行年次総会で会見する同専務理事(2017年 ロイター/Mike Theiler)

同専務理事はパリで記者団に「依然として経済的余力があり、経済指標がなお弱いところではどこでも、緩和的金融政策を維持しつつ、金融市場の動向を非常に注意深く見守ることを推奨する」と語った。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below