for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

貿易摩擦、世界経済への最大の障害=ラガルド次期ECB総裁

[ワシントン 23日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)次期総裁への就任が予定されているクリスティーヌ・ラガルド氏は23日、貿易摩擦が世界経済に対する最大の障害となっているものの、世界経済の要である米国経済は引き続き良好な状態にあるという認識を示した。

同氏はCNBCテレビとのインタビューで、米国の対中関税は来年の世界経済の成長率を0.8%下押しすると予想され「世界経済に立ち込める巨大な暗雲だ」と指摘。同時に米国経済は依然成長を続けていると語った。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up