for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

IMF、米国の反対で資本増強先送り=関係筋

 10月8日、国際通貨基金(IMF)は資本増強を先送りする方針だ。写真はIMFのロゴ。バリ島で昨年10月撮影(2019年 ロイター/Johannes P. Christo)

[東京 8日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)は資本増強を先送りする方針だ。増資が行われれば、現在3位の中国の出資比率が2位の日本と逆転するとみられていた。日本の当局筋が8日、ロイターに明かした。米国の激しい反対を受けて計画が見送られた。

米国はこれまでに、IMFの増資や出資比率の引き上げに反対を表明していた。出資比率を変更すると、議決権比率も一新することになる。

IMFの議決権は加盟国の出資額と連動するが、出資額は原則として参加国の国内総生産(GDP)に左右される。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up