for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

途上国債務の返済猶予、年末までの延長期待=世銀総裁

[ワシントン 5日 ロイター] - 世界銀行のマルパス総裁は5日、20カ国・地域(G20)が今週開催する会合で、途上国向け公的融資の返済猶予期間を2021年末まで半年間延長することを期待していると述べた。

G20各国は、アフリカやアジアの途上国を対象とする債務返済猶予イニシアティブ(DSSI)により、すでに約50億ドルの支払いを延期。マルパス氏は、6月までに追加で73億ドルの支払い延期が見込まれていると述べた。

同氏は、債務支払い停止を年末まで延長すれば各国が新型コロナウイルス対策や経済に充てられると述べたが、具体的な数字は示さなかった。

また、G20はこうした延長が最後になることを規定するとみられると話した。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up