October 9, 2018 / 1:31 AM / 13 days ago

世界的な景気悪化の可能性高まる、独連銀がIMF総会で警告へ

[フランクフルト 8日 ロイター] - 独連銀は、インドネシアのバリ島で今週開催される国際通貨基金(IMF)・世銀年次総会で、世界的な景気悪化の「可能性が高まった」として、政府にとってキャッシュ確保が急務になるとの見方を示す見通し。

 10月8日、独連銀は、インドネシアのバリ島で今週開催される国際通貨基金(IMF)・世銀年次総会で、世界的な景気悪化の「可能性が高まった」として、政府にとってキャッシュ確保が急務になるとの見方を示す見通し。写真は独連銀のクラウディア・ブーフ副総裁。フランクフルトで2014年5月撮影(2018年 ロイター/Ralph Orlowski)

独連銀は、世界の成長はなお旺盛だが、景気循環はピークを過ぎたと指摘。一方、貿易摩擦や英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)交渉に伴う政治的不透明感により、リスクは高まったと強調する。

独連銀のクラウディア・ブーフ副総裁は、8日公表した声明で「ドイツ並びに世界の景気循環が進展し、景気悪化の可能性が高まっている」とした上で「財政健全化や、金融システムのシクリカルリスクを緩和するためのバッファー構築の機会が狭まることになる」との見解を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below