April 11, 2019 / 11:31 PM / 12 days ago

英国、離脱延期で打開策みつける時間確保=カーニー中銀総裁

 4月11日、イングランド銀行(英中央銀行)のカーニー総裁(写真)は、英国のEU離脱期限が10月末まで延期されたことを受けて、英国は打開策をみつけるための時間を確保したと述べた。ロンドンで2月代表撮影(2019年 ロイター)

[ワシントン 11日 ロイター] - イングランド銀行(英中央銀行)のカーニー総裁は11日、英国の欧州連合(EU)離脱期限が10月末まで延期されたことを受けて、英国は打開策をみつけるための時間を確保したと述べた。

総裁は国際通貨基金(IMF)と世界銀行の会合に出席するために訪れている米ワシントンで、合意なき離脱のリスクが低下したことを歓迎し、合意達成に向けた時間ができたと指摘した。その上で「この時間がどのように活用されるかをみる」と述べた。

国境での貿易や物流の混乱回避に向けた暫定的な取り決めで英国とEUが合意できないとの懸念から、ビジネスの先行き不透明感は大きく増したと説明。EU離脱を決めた2016年の英国民投票以降、投資は手控えられ、生産性が悪化し、経済問題は先送りされていると指摘した。

「余剰生産能力はなく、金融政策は緩和的で、労働市場は非常に引き締まっている」とし、投資の必要性が強調されているものの、先行き不透明感が非常に高い状況だと説明した。

さらに、世界経済も貿易や投資の減速、個人消費に過度に依存した成長という同じ問題を抱えているとし、「消費者に依存して(経済が)拡大している時は通常、そうした状況がどの程度続くかという警戒感が高まり始めるものだ」と語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below