April 12, 2019 / 4:07 PM / 9 days ago

市場が織り込む利上げ時期先延ばしを歓迎=ECB専務理事

 12日、欧州中央銀行(ECB)のプラート専務理事は、市場がECBの利上げ時期の予想を一段と先延ばししていることにより、インフレ率を押し上げるために必要な刺激効果が生み出されていると述べた。写真はプラート専務理事。ブルガリアで2017年5月撮影(2019年 ロイター/Stoyan Nenov)

[ワシントン 12日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のプラート専務理事は12日、市場がECBの利上げ時期の予想を一段と先延ばししていることにより、インフレ率を押し上げるために必要な刺激効果が生み出されていると述べた。

弱い成長率や当局者の警戒姿勢がここ数週間で示されたことにより、金融市場が織り込む利上げ時期は1年ほど先延ばしされ、オーバーナイト・インデックス・スワップ(OIS)では、今後21カ月でのECBの利上げは予想されていない。

ECBは少なくとも年末までは政策金利を据え置くとしており、足元の金融市場とは一致していないように見えるが、ECBは利上げ時期について経済状況次第とも強調している。

プラート理事は、ECB理事会後のOISカーブが「われわれが考える金融情勢のあるべき姿とうまく適合している」と述べた。

また成長率が第2・四半期に底打ちし、下期に回復するというECBのベースシナリオを引き続き信頼しているとした。

一方で、ECBは必要なら引き続き一段の刺激策を行う可能性があると指摘。もっとも資産買い入れ策の再開については「理由がない」とし、資産買い入れ策は期間プレミアムの圧縮を通じて機能するが、利回り曲線がフラットであることを考慮すると現時点では不要との見方を示した。

預金金利の階層化については、引き続き前向きに検討すると語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below