for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

世銀の元高官、ゲオルギエワ氏の圧力疑惑に反論

[ワシントン 23日 ロイター] - 世界銀行の事業環境報告で中国のランキングを上げるよう上層部から圧力があったとされる問題で、報告作成に関わった世銀の元高官、シャンタ・デバラジャン氏は23日、当時世銀の最高経営責任者(CEO)だったゲオルギエワ国際通貨基金(IMF)専務理事に関する疑惑に反論した。

ビジネス環境の国別ランキングを示す世銀の年次報告書「ビジネス環境の現状(Doing Business)」の2017年版を巡っては、ゲオルギエワ氏ら当時の上層部が「不当な圧力」をかけていたとする調査報告書が出ている。

現在は米ジョージタウン大学の教授を務めるデバラジャン氏は、調査報告書は「信頼できない」と主張。ツイッターへの一連の投稿で、中国の評価を変更するよう圧力を感じたことは一度もなく、調査報告書をまとめた法律事務所ウィルマーヘイルの長時間の聞き取りに応じた際の自身の発言は半分しか使われなかったとした。

ゲオルギエワ氏は「事業環境報告の一貫性を損ねることなく、中国が改革の功績を認められるよう数字の確認」を指示しただけだとした。

一方、英誌エコノミストは論説記事で、この問題はIMFの信頼性を損ねたとし、ゲオルギエワ氏は辞任すべきだと論じた。

IMFの最大の出資国である米国と中国が対立するのをIMFのトップは傍観する必要があるが、多国間主義に批判的な向きは、国際機関が中国に立ち向かうことができないと指摘していると説明。IMFが今後、通貨や対中債務の問題で仲介を試みる場合、今回の調査報告書を理由にIMFの信頼性について厳しい声が出るのは必至だとしてゲオルギエワ氏は辞任の必要があると主張した。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up