October 11, 2018 / 7:10 AM / 11 days ago

資本流出は「不可避」、あらゆる手段活用すべき=IMF専務理事

[ヌサドゥア(インドネシア) 11日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は11日、「あらゆる手段を活用」して資本流出の影響を抑制すべきだとの認識を示した。

 10月11日、国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事(写真)は、「あらゆる手段を活用」して資本流出の影響を抑制すべきだとの認識を示した。バリ島で撮影(2018年 ロイター/JOHANNES CHRISTO)

専務理事は、貿易摩擦や、欧米主要国の金融引き締めを考えると、資本の流出は避けられないと指摘。資本フローの管理を弾力化すべきだとの認識を示した。

専務理事によると、東南アジア諸国を含む一部の新興国は、規制の活用を特殊な状況に限るべきだと考えており、規制の強化に消極的だという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below