for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米財務長官、IMFと世銀にコロナ対策で既存の財源活用求める

[ワシントン 14日 ロイター] - ムニューシン米財務長官は14日、国際通貨基金(IMF)と世界銀行に対して、今ある財源を活用して新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)に対処すべきだと指摘した。さらに、加盟国に対して提案されている債務再編枠組みを支持するよう求めた。

ムニューシン氏は、新型コロナの打撃を受けた低所得国に対するIMFの大災害抑制・救済基金(CCRT)を通じた債務救済措置を支持すると表明。

新型コロナの打撃を受けた国の支援では、既存の資金供給ツールの活用を継続すべきだが、融資条件に一定の柔軟性を持たせることが正当化されるかもしれないとの考えを示した。

さらに、出資国の追加支援負担を減らすためにも、世界銀行は財源を賢明にかつ透明性を維持して管理すべきだと指摘した。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up