for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

IMF、今夏のSDR配分目指す 中所得国支援=筆頭副専務理事

[ワシントン 12日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)のジェフリー・オカモト筆頭副専務理事は12日、IMFの準備資産である特別引き出し権(SDR)の新規配分について、「夏の早い時期」における実現を目指す考えを示した。

20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は7日、SDRを6500億ドル増額し、新たに配分することを支持した。

オカモト氏は、危機に対応するだけの資源は十分にあるとした上で、金融環境が逼迫する中、SDRの新規配分は多くの中所得国が負債の借り換えを行う際に役立つと強調した。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up