October 15, 2018 / 12:24 AM / a month ago

米中貿易摩擦、悪化の可能性は後退=独連銀総裁

 10月13日、ドイツ連邦銀行(中央銀行)のワイトマン総裁は、米国と中国の通商摩擦がさらに悪化する可能性は後退しつつあるとの認識を示した。写真は会見する同総裁。7月にオーストリアのリンツで撮影(2018年 ロイター/Lisi Niesner)

[ヌサドゥア(インドネシア) 13日 ロイター] - ドイツ連邦銀行(中央銀行)のワイトマン総裁は13日、米国と中国の通商摩擦がさらに悪化する可能性は後退しつつあるとの認識を示した。

国際通貨基金(IMF)と世界銀行の年次総会で「両国とも状況の悪化には関心がないとの印象を受けた」と発言。雰囲気の変化が感じられるとして、貿易摩擦のさらなる悪化に否定的な見解を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below