August 8, 2016 / 3:42 AM / 2 years ago

自衛隊は警戒監視と情報提供、海保と連携=中国船で稲田防衛相

[東京 8日 ロイター] - 稲田朋美防衛相は8日の閣議後会見で、東シナ海の尖閣諸島(中国名:釣魚島)周辺を多数の中国公船が航行していることについて、防衛省・自衛隊は情報提供などで海上保安庁と連携を続ける考えを示した。

 8月8日、稲田朋美防衛相は閣議後会見で、東シナ海の尖閣諸島(中国名:釣魚島)周辺を多数の中国公船が航行していることについて、防衛省・自衛隊は情報提供などで海上保安庁と連携を続ける考えを示した。写真は都内で3日撮影(2016年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

稲田防衛相は「いたずらに事態がエスカレートしないよう冷静な対応を継続しつつ、尖閣諸島を含むわが国固有の領土・領海・領空を断固として守り抜くため、引き続き警戒監視、情報収集に万全を期す」と語った。

尖閣諸島をめぐっては、日本側は領土問題は存在しないとの立場を取る一方、中国側は領有権を主張している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below