September 17, 2015 / 4:11 AM / in 4 years

安保法制、今会期中の成立が必要=稲田自民政調会長

 9月17日、自民党の稲田政調会長は、「参院は大変な混乱ぶりだが、今国会会期中の安保法制成立が安倍政権と日本にとって必要なこと」と強調した。都内で8月撮影(2015年 ロイター/Issei Kato)

[東京 17日 ロイター] - 自民党の稲田朋美政調会長は17日午前に都内で講演し、「参院は大変な混乱ぶりだが、今国会会期中の安保法制成立が安倍政権と日本にとって必要なこと」と強調した。稲田氏は安保法制について「すでに論点が出尽くし、議論は尽くされている」と指摘。

砂川判決に照らして「今回の法制は合憲と自信を持って言うべき」との考えを示した。

成立後に「自衛隊が米国と一緒に地球の裏側で、日本の安全と関係なく集団的自衛権を行使することはあり得ない」と指摘。徴兵制が導入されることも「憲法上許されない」と否定した。

また、安保法制が成立することで自衛官志願が減る可能性はないとし、「今も多くの若者が志願しており、競争率は7倍と聞いている」と話した。

竹本能文

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below