February 22, 2018 / 9:54 AM / 8 months ago

超音波で金属を接合、産業革新機構がベンチャーに出資

[東京 22日 ロイター] - 官民ファンドの産業革新機構(INCJ)は22日、超音波を使って金属を接合する装置の開発・製造を手掛ける「LINK─US(リンクァス)」(横浜市)に3億5000万円投資したと発表した。

従来、金属を接合するには、圧力を加えたり、熱で溶かしたはんだを付けたりしていたが、それだと飛散物が発生して不純物が入りやすいなどの課題があった。超音波接合は材料を溶かすことなく、原子レベルで接合するため母材にほぼ等しい接合強度も得られるという。

リチウムイオン電池の電極部分の接合などに使え、「すでに大手バッテリーメーカーへの導入実績もある」(光行潤社長)という。

調達資金は人員増強などに充て、今期1.5億円の売上高(予想)を2022年には40億円強まで拡大させる計画。

光行社長は「リチウムイオン電池は世界で取り合っている状態。この技術で国内バッテリーメーカーの技術向上に寄与したい」と意欲を示した。

INCJの淡路努ディレクターは「金属の接合技術は電池や半導体、医療機器等いろいろなところに使われている。難しい接合が増えており、この技術に対する期待は大きい」と語った。

志田義寧

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below