January 28, 2020 / 2:20 AM / 23 days ago

インド政府、エア・インディアで全株式売却を計画

 1月27日、インド政府は売却を模索している国営航空会社エア・インディアを巡り、全株式を売却する計画を発表した。全従業員の雇用維持を条件に76%を売却するとした2018年の前回計画には買い手が現れなかった。写真はエア・インディアの旅客機、2017年12月13日に仏トゥールーズで撮影(2020年 ロイター/Regis Duvignau)

[ニューデリー 27日 ロイター] - インド政府は27日、売却を模索している国営航空会社エア・インディアを巡り、全株式を売却する計画を発表した。全従業員の雇用維持を条件に76%を売却するとした2018年の前回計画には買い手が現れなかった。

最初の意向調査の届け出期限は3月17日。どんな買い手も2328億7000万ルピー(32億8000万ドル)の債務を含む負債を肩代わりすることが条件。売却後も、株式のかなりの割合を占める株主と実質的経営支配者はインド系でなければならないとしている。

運営を引き継ぐことになるのは国内空港で国内線4400、国際線1800の発着枠、海外空港の900の発着枠。傘下格安航空エア・インディア・エクスプレスの株式100%と、国内主要空港で貨物サービスなどを提供するAISATSの株式50%も対象。

航空コンサルタント会社CAPAのインド部門責任者ピル・カウル氏は、政府が経営から手を引く形になっていることもあり、かなりの反応を得られるはずだとの見方を示した。

インドのビジネス・スタンダード紙によると、インドの複合企業ヒンドゥージャ・グループと米拠点のファンド、インターラプスが買収に関心を示しているという。

ただ、与党インド人民党(BJP)の議員は、反国家主義的な取引だと非難し、売却なら法的措置を取ると脅している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below