for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

インド軍、係争地で「中国軍の挑発行為を阻止」 中国は否定

 8月31日、インド軍は中国人民解放軍が両国国境の係争地で現行の体制を変えようとしたが、未然に防いだと表明した。写真はラダック地方のパンゴン湖。2019年7月撮影(2020年 ロイター/Mukesh Gupta)

[ニューデリー 31日 ロイター] - インド軍は31日、中国人民解放軍が両国国境の係争地で現行の体制を変えようとしたが、未然に防いだと表明した。

インド軍は声明で「8月29-30日の夜にかけて、人民解放軍は東部ラダック地方の対立を巡る軍事・外交上の取り決めの過去の合意事項に違反し、現行の体制を変えるため、挑発的な軍事活動を行った」と表明。インド軍が「現場の事実を一方的に変更しようとする」人民解放軍の試みを阻止したと述べた。

インド軍関係者が匿名を条件にロイターに明らかにしたところによると、衝突には至らなかった。

ラダック地方では6月に両国軍が衝突し、インド側に20人の死者が出ている。

インド軍は、両国軍の関係者が、今回の問題を解決するため、国境付近で協議を進めていることを明らかにした。

中国外務省の報道官は会見で「(人民解放軍は)実効支配線を常に厳格に順守している。実効支配線を超えたことは一度もない」として、インド側の主張を否定。両国が現地の情勢について連絡を取り合っていることを明らかにした。

*内容を追加しました。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up