for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

印モディ首相、ダライ・ラマ誕生日に祝電 対中関係意識か

 7月6日 インドのモディ首相は6日のツイッターで、86歳の誕生日を迎えたチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世(写真)に対し、個人的なお祝いの電話をしたことを明らかにした。2017年4月、印アルナチャルプラデーシュ州のディランで撮影(2021年 ロイター/Anuwar Hazarika)

[ニューデリー 6日 ロイター] - インドのモディ首相は6日のツイッターで、86歳の誕生日を迎えたチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世に対し、個人的なお祝いの電話をしたことを明らかにした。

1959年のチベット動乱を機にダライ・ラマはインドに亡命。中国政府は同氏を危険な「分離主義者」と見なし、同氏と関わろうとするあらゆる動きに不快感を表明してきている。

インド指導部はこれまでは中国政府を刺激するのを避けるため、ダライ・ラマとの公式な接触にはおおむね慎重だった。ただ、中印関係は昨年6月の国境係争地での武力衝突で極度に悪化。この日はモディ氏に続き、他の幾人かの政府高官も同様の祝意を公表し、ダライ・ラマの価値観や教えや人生には鼓舞されるなどと表明した。

モディ氏は過去にもダライ・ラマへのお祝いを公式に発表したことはあったが、インド与党インド人民党(BJP)幹部も含め、そうしたメッセージはここ数年は途絶えていた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up