September 19, 2019 / 12:23 AM / in a month

インドが電子たばこを禁止、巨大市場に期待するメーカーに打撃

9月18日、インド政府は電子たばこの生産、販売、輸入を全面的に禁止すると発表した。写真はジュール者の電子たばこ。2018年9月撮影(2019年 ロイター/Ronen Zvulun)

[ニューデリー 18日 ロイター] - インド政府は18日、電子たばこの生産、販売、輸入を全面的に禁止すると発表した。政府は若年層の間で電子たばこが急速に広がっており、健康への影響が懸念されるとし、違反者に罰金や禁錮刑を科すことを決定した。

世界中で喫煙者の数が減少傾向にあるなか、インドの喫煙者は1億0600万人と中国に次ぐ規模。フィリップ・モリス(PM.N)など、拡大が見込まれるインド市場に期待していた企業に影響が及ぶ可能性がある。

インド保健省は「魅力的な見た目と様々な風味(フレーバー)がある電子たばこは、先進国、特に若者と子供の間で広まっている」と指摘した。人口約13億人のインドでは、毎年90万人以上がたばこが原因とされる病気で亡くなっている。

電子たばこの生産、販売、輸入の他、宣伝も禁止されるが、使用は禁止されない。1回目の違反では最大で禁錮1年と10万ルピー(1404ドル)の罰金が科せられる。2回目以降の違反では、最大で禁錮3年と50万ルピーの罰金が科せられる。

ロンドンにあるユーロモニターのタバコ研究部門の責任者、シェイン・マクギル氏は、インドでの禁止措置を受けて他国も追随する可能性があり、世界のたばこ産業が打撃を受けると分析。「インドがたばこ製品の潜在的な巨大市場であることは明らかだ」とした上で、Juul Labsやフィリップ・モリスなどの企業のインド市場へのアクセスが断ち切られると説明した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below