January 4, 2018 / 6:08 AM / 6 months ago

インドのサービスPMI、12月は50.9に上昇

[ベンガルール 4日 ロイター] - 日本経済新聞社とマークイットが発表したインドの12月サービス部門購買担当者景気指数(PMI)は50.9と、前月の48.5から上昇した。

景況改善・悪化の分かれ目となる50を上回った。

情報・通信部門や金融・保険部門など、一部のサービス部門が全体を押し上げたが、それ以外は、昨年導入された物品・サービス税(GST)による混乱の影響を受けている。GST導入により、企業、顧客、および、サプライヤー間の支払いに遅れが出ている。

ただ、雇用の伸びは9月以来の高水準となり、引き続き平均値を上回っている。

サービス部門PMIが50を下回ったのは、2017年は4回、16年と15年はそれぞれ2回だった。

投入価格指数は、11月に4年ぶり高水準を記録したが、12月には低下し、企業の利益率への圧力が和らいだ。

2日に発表された12月のインド製造業PMIは5年ぶりの高水準となった。サービス部門と製造業部門を合わせた総合PMIは53.0と、1年2カ月ぶり高水準となった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below