December 18, 2017 / 6:05 AM / 6 months ago

インド西部グジャラート州議会選挙で与党勝利、首相お膝元=報道

[ニューデリー 18日 ロイター] - インド西部グジャラート州の州議会選挙(定数182)が18日開票され、現地メディアによると与党・インド人民党(BJP)が勝利した。同州はモディ首相のお膝元で、結果が注目されていた。

 12月18日、インド西部グジャラート州の州議会選挙(定数182)が開票され、現地メディアによると与党・インド人民党(BJP)が勝利した。同州はモディ首相(写真)のお膝元で、結果が注目されていた。写真はニューデリーで3月撮影(2017年 ロイター/Adnan Abidi)

野党は高失業率や新たに導入された物品サービス税(GST)への不満が追い風になると期待したが及ばなかった。ただこれまでよりも差を縮めた。

インディア・トゥデー、CNNニュース18、タイムズナウのテレビ局3局の予測によると、BJPは100議席以上を獲得したもようだ。過半数獲得には92議席が必要。

ラフル・ガンジー氏が新総裁に正式に就任した最大野党の国民会議派は、これまでの議席数を大きく上回る70超の議席を獲得する見込み。

BJPは北部ヒマーチャル・プラデーシュ州の議会選挙でもリードしている。

グジャラート州の開票状況が序盤は接戦だったことから、株式市場ではNSE指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成)は一時約2%下落した。その後は切り返し、0455GMT(日本時間午後1時55分)時点では0.7%高となった。

インドルピーの対ドル相場INR=D2は1ドル=64.32/33ルピー。一時64.74ルピーまで下落した。前営業日終値は64.04ルピー。

インドでは2018年に2つの州で議会選挙が行われ、19年に総選挙が予定されている。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below