for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

グーグル、インドでのアプリ内取引の手数料徴収を22年3月まで延期

 10月5日、アルファベット傘下のグーグルは、インドでGoogle Play(グーグル プレイ)を利用するアプリ開発者がアプリ内取引の手数料をグーグルに支払うシステムに移行するための期限を2022年3月末まで延長したとブログで明らかにした。写真はチューリッヒで2018年12月撮影(2020年 ロイター/Arnd Wiegmann)

[ベンガルール 5日 ロイター] - アルファベットGOOGL.O傘下のグーグルは5日、インドでGoogle Play(グーグル プレイ)を利用するアプリ開発者がアプリ内取引の手数料をグーグルに支払うシステムに移行するための期限を2022年3月末まで延長したとブログで明らかにした。

これに先立ち、インド紙エコノミック・タイムズはこの日、グーグルがインドでGoogle Playストアを経由したアプリ内のデジタルグッズ購入に対する手数料30%の徴収を2022年4月に先送りしたと報道。国内のアプリ開発者から反発を受けたという。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up