August 15, 2019 / 9:37 AM / in a month

インド首相が独立記念日で演説、カシミール自治権剥奪など誇示

 8月15日、インドのモディ首相はニューデリーで演説し、北部ジャム・カシミール州の自治権廃止などを重要な決定として誇示した(2019年 ロイター/Adnan Abidi)

[ムンバイ 15日 ロイター] - インドのモディ首相は独立記念日の15日にニューデリーで演説し、北部ジャム・カシミール州の自治権廃止などを重要な決定として誇示した。また今後5年でインドの経済規模を5兆ドルへ拡大する方針を改めて示した。

モディ氏は経済の拡大に向けて富を創出し、輸出や観光事業を活性化させるほか、インフラ整備に100兆ルピー(1兆4000億ドル)を充てると説明した。また3兆6000億ルピーを投じて水道網を改善し全国の家庭に清潔な水を供給すると述べた。

その一方で自動車をはじめとする一部セクターの需要減退や、産業界が求める景気刺激策については言及しなかった。

モディ氏はジャム・カシミール州では憲法で保障された特別な権利により汚職と縁故主義がはびこり、女性や子供、マイノリティーに対する不正が行われてきたと主張。自治権の廃止で全ての国民が「一つの国、一つの憲法」を誇ることができると強調した。

また陸海空軍の連携を強化するために統合参謀本部トップのポストを新設すると発表した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below