January 8, 2019 / 10:15 AM / 6 months ago

EUの貿易決済の仕組み構築、進行が遅い=イラン外相

[ニューデリー 8日 ロイター] - イランのザリフ外相は8日、欧州連合(EU)が計画しているイランとの貿易におけるドル以外の決済の仕組み構築について、予想よりも進行ペースが遅いとの認識を示した。

外相は訪問中のデリーで記者団に「特別目的事業体(SPV)の設置で欧州との作業を継続するが、待ってはいない。インドや中国、ロシアといったこれまでのパートナーとも協力関係にあるので、国民の利益になるよう取り組みを続ける」と述べた。

EUは、米国が離脱した2015年のイラン核合意に残留することを踏まえ、新たな貿易決済の仕組みとしてSPVを検討。昨年内の構築を目指していたが、新たな米国の対イラン制裁の対象となることへの懸念を背景に計画が遅れている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below